【8月28更新】2021年ハイエンドAndroidスマホまとめ。そろそろ折りたたみスマホが欲しい

47 sec read

高性能なAndroidスマホが一台欲しい。

iPhoneはもはや生活インフラなので、尖った機能は期待していません。安定してくれていればそれでいい。

度を超えたカメラ性能や折りたたみ端末など、ガジェットらしい未来的なワクワク感を求めるなら、今はAndroidスマホのほうがぜったい楽しいのです。

僕はどれを買おうか迷い中なので、しばらくこの記事に所感をまとめていくことにします。触ったことすらないスマホも含まれますのであしからず。

Snapdragon 888搭載スマホに絞りました

この記事では「高性能Androidスマホ = Snapdragon 888搭載」としました。

Snapdragon 888はクアルコムのスマホ用チップセットで、Snapdragonシリーズの中では現在最も高性能です。性能が高いぶん、発熱が激しかったりバッテリー持ちが悪かったりする傾向にあるようです。

Snapdragon 870など少し性能を控えめにしてバランスをとったチップセットも存在しますが、この記事ではあくまで888搭載スマホのみを挙げます。

Xperia 1 III

一言で言うと「全部盛り」のソニー製スマホ。カメラもディスプレイもサウンドもすべてハイエンド。

今年のカメラの売りは「可変式望遠レンズ」。レンズがカメラの中で移動する機構のおかげで、一つの望遠カメラで70mmと105mmの焦点距離を撮影できます。ソニーの一眼カメラ「αシリーズ」譲りのオートフォーカス性能なども魅力。

ディスプレイは4K 120Hz HDRに対応し、Xperiaならではの縦横比21:9の細長いスタイルも健在。完全に4K HDRなコンテンツを意識していますが、ネトフリの一番安いプランを見ている僕では使いこなせそうにありません。

ハイエンドでは珍しく3.5mmヘッドホンジャックを搭載。有線のハイレゾ再生はもちろん、ワイヤレスでハイレゾを聴くことができるLDACコーデックに対応。完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」と一緒に使いたいですね。

指紋認証は画面内には搭載せず、ボディ側面に設置されています。渋い。

写真や音楽などクリエイティブな仕事をしていて、たとえそれがスマホだとしても決して妥協を許さない生活スタイルの人が選ぶスマホです。お値段は15〜18万円台。高い。

Xperia 5 III (日本未発売)

Xperia 1 IIIはやりすぎだよ!と思った人が買うスマホ。日本では2021年秋発売との噂です。いろんな機能やスペックが少しずつ控えめになっていますが、それでもお値段は12万円台くらいになりそう。ぜんぜん高いけど、Xperiaの中で選ぶならこれかなぁ。

Galaxy S21 5G、S21+ 5G

サムスンのフラッグシップスマホ。個人的にはデザインや素材がダントツで好きです。特にS21は前作S20シリーズのようなガラスボディではなくプラスチックを採用しています。スマホ、プラスチックで良くないですか? 傷はつくかもだけど、割れないし、軽いし。

カメラ作例を見ていると、適度に味付けされたスマホっぽい写真が撮れるみたいで好印象です。

microSDカードが非対応になったのが不評のようですね。確かにせっかくAndroid使うなら、SDカード使いたいかも。

Galaxy S21 Ultra 5G

S21シリーズでは最高スペック。2つ目の望遠カメラとレーザーオートフォーカスセンサーを搭載していて、望遠の画角を幅広くカバーできるのが特徴。

さらにSペンに対応しています。Sペンってユーザーに聞くとめちゃくちゃ便利らしいですね。一度使ってみたい。

お値段15万円台。

Galaxy Z Fold 3 5G(日本未発売)

折りたたみ! 開くと小型タブレットくらいの画面サイズになります。さらに、閉じた状態の外側にもディスプレイがあるという超未来スマホ。前作のZ Fold 2から大幅に進化していて、さすがに欲しい。大きな進化ポイントは以下。

  • リフレッシュレート120Hz
  • Sペン対応
  • 防水 IPX8

折り畳みなのにIPX8はびっくりですね。お風呂でYouTube見たい。20万円くらいします。

Galaxy Z Flip 3 5G(日本未発売)

縦に折りたたむスマホ。背面カメラの隣に小さいディスプレイがあり、画質のいい背面カメラで自撮りができるのがとても良いです。でも折り畳むメリットがあまり無いような気がしています。ポケットの中でコンパクトになるのがいいの?

価格は意外と安くて、11〜12万円くらいと予想されています。

AQUOS R6

カメラのセンサーサイズがでかいです。1インチです。

センサーサイズが大きいと、暗所の写真にノイズが乗りづらかったり、ボケが大きい写真が取れたりとメリットがたくさんあります。1インチは高級コンパクトデジタルカメラでも採用されているサイズで、いま最もデジカメに近いスマホと言えるかもしれません。ただ、絞り機構がないので背景までピントが合ったかっちりした写真が撮りにくいと聞きました。

個人的には「だったらコンデジ買おうかな」と思ってしまいました。

LEITZ PHONE 1

カメラの王様「ライカ」ブランドのスマホ。AQUOS R6とほぼ同じ性能で、SHARPが作ってるみたいです。監修がライカ。

作例を見るとさすがに写真撮るのが楽しそうなスマホだなと思いましたが、発熱がすごくてクセがあるようです(R6も)。コンデジ買おう。

OPPO Find X3 Pro

「Felicaだけがない」スマホです。これは短期間使ってみたことがあるのですが、Felicaがついてない以外は文句なしのスペック。特に「顕微鏡カメラ」がすごくて、毛穴とか虫とか撮ると楽しい。来年のモデルはFelicaついてるといいな。

Red Magic 6、6 Pro

ゲーミングスマホ。散々カメラがどうのこうの書きましたが、スマホで写真はあまり撮りません。だったらゲーミング方面に特化するのもありかも。

Red Magic 6シリーズはLRトリガーのようなタップボタンや165Hzのリフレッシュレート、5050mAhバッテリーなど、ゲーム特化の機能が魅力。高性能が故に内蔵の冷却機構だけにとどまらず、外付けのファンまで付属しているという本末転倒なスマホ。でも外付けデバイスってなんかかっこいいよね。光るし。

ROG Phone 5, 5 Ultimate

ASUSのゲーミングブランド「ROG」のスマホ。ROGブランドからはゲームパッドやヘッドセットも出ていて、一つのブランドで揃えられるのは魅力かも。デザインはRed Magicのほうが好み。

Zenfone 8

5.9インチのコンパクトなサイズ(ただし厚みはそこそこある)で、ミドルスペック風味の見た目なのに、Snapdragon 888搭載のハイエンドスマホ。これって貴重です。イヤホンジャックもついてるし。iPhoneのサブ機でもつとなると小さいに越したことはないので、こういうハイエンドスマホは大歓迎です。

Zenfone 8 Flip

背面カメラが電動でフリップしてインカメラにもなるというスマホ。こちらはSDカードも対応していてZenfone 8よりもハイエンド機っぽい雰囲気。シンプル派は8、ガジェット好きはFlipってことかな。

2021年のAndroidスマホスペックまとめ

コメントしたスマホのスペックをまとめました。随時更新します。

<
機種リンクスペック(最大)備考発売
Xperia 1 IIISnapdragon 888,RAM12GB,ストレージ256GB,リフレッシュレート120Hz,Felica,3.5mmジャック,SDカード,ワイヤレス充電2021/07
Xperia 5 IIISnapdragon 888,RAM8GB,ストレージ128GB,リフレッシュレート120Hz,3.5mmジャック,SDカード,ワイヤレス充電Felica未定未定
Galaxy S21 5GSnapdragon 888,RAM8GB,ストレージ256GB,リフレッシュレート120Hz,Felica,ワイヤレス充電2021/04
Galaxy S21+ 5GSnapdragon 888,RAM8GB,ストレージ256GB,リフレッシュレート120Hz,Felica,ワイヤレス充電2021/04
Galaxy S21 Ultra 5GSnapdragon 888,RAM12GB,ストレージ256GB,リフレッシュレート120Hz,Felica,ワイヤレス充電2021/04
Galaxy Z Fold 3 5GSnapdragon 888,RAM12GB,リフレッシュレート120Hz,ワイヤレス充電,ストレージ512GBFelica未定未定
Galaxy Z Flip 3 5GSnapdragon 888,RAM8GB,ストレージ256GB,リフレッシュレート120Hz,ワイヤレス充電Felica未定未定
AQUOS R6Snapdragon 888,RAM12GB,ストレージ128GB,リフレッシュレート240Hz,Felica,SDカード2021/06
OPPO Find X3 Pro(SIMフリー)Snapdragon 888,ストレージ256GB,RAM12GB,リフレッシュレート120Hz,ワイヤレス充電2021/03 au, 2021/07 simフリー
Red Magic 6Snapdragon 888,RAM12GB,ストレージ128GB,リフレッシュレート165Hz2021/04
Red Magic 6 ProSnapdragon 888,RAM16GB,ストレージ256GB,リフレッシュレート165Hz2021/04
ROG Phone 5Snapdragon 888,ストレージ256GB,リフレッシュレート144Hz,RAM16GB2021/05
ROG Phone 5 UltimateSnapdragon 888,ストレージ512GB,RAM18GB,リフレッシュレート144Hz2021/05
Zenfone 8Snapdragon 888,RAM16GB,ストレージ256GB,Felica,3.5mmジャック2021/08
Zenfone 8 FlipSnapdragon 888,RAM8GB,SDカード,ストレージ256GB2021/08

Keysmartはスマートなだけじゃない、鍵が開けやすいんですよ

スイスアーミーナイフのように鍵を収納するKEYSMART(キースマート)を買ってみました。 KEYSMARTは前から気になっていたんですが、正直「ちょっとスマートでかっこいいだけだよな?いらんよな?」
menbou
1 sec read

DREVO Seer Proのキーキャップを交換

キーキャップを取り替えてる時間って、頭が空っぽになります。マインドフルネス的な何かがきっとある。 Bangoodで2,230円で購入したキーキャップ。 無駄のないパッケージング。 DREVO Seer
menbou
1 sec read

HD599、とにかくずっと着けていられるヘッドホンが欲しかった

仕事からゲームまで、一日中使い所のあるヘッドホン「HD599」。つけ心地がとにかくいい。
menbou
3 sec read