iPhoneのSafariが劇的に進化する「機能拡張」をまとめました

6 sec read

随時更新していきます。

iOS 15、iPadOS 15からSafari(サファリ)で使えるようになった「機能拡張」。インストールすると普段のネットサーフィンが快適になるものばかりなので、触ってみて良かったものをこの記事にまとめます。

※スクショはiPadのものですが、iPhoneでも基本同じです。

Safariの機能拡張の使いかた

Safariのアドレスバーからインストールしてある拡張機能を管理できます。

このメニューから拡張機能を起動したり、

使わないものをオフにすることも可能です。

片手操作が楽になる「Svadilfari」

「スヴァジルファリ」と読むみたいです。

Safariをジェスチャーで操作できるようになります。タブの移動やリロードを割り当てることができ、片手だと操作しにくい機能にも楽にアクセスできます。

ジェスチャーを覚えるのが大変でまだ慣れませんが、使いこなせれば操作がとても速くなりそうです。

玄人向けの機能として、独自のジェスチャーを登録できるほか、任意のJavascriptを起動することもできる模様。可能性は無限大です。

「Svadilfari」をインストール

ページを強制的にダークモード化「Noir」(有料)

どんなページもいい感じにダークモードにしてくれる拡張機能。iPhone本体のダークモードに合わせて自動でオンオフできるので、一度入れてしまえば意識せずに使えます。布団の中でブラウジングしたいなら必須ですね。

このブログもダークモード対応しなきゃ…。

「Noir – Dark Mode for Safari」をインストール

PC版に近くなった「1Password」(有料)

パスワード管理サービスの「1Password」がSafariの機能拡張に対応しました。

今までとの違いは「パスワード自動入力時のタップ数が減った」こと。特に同じサイトで複数アカウントがある場合は楽になりました。一言で言うとPC版とほぼ同じ使い勝手になったわけです。

ちなみに1Passwordはサブスクリプション制のクラウドサービス。学生の頃から使っていて便利すぎて離れられず、今や妻と家族設定を組んで運用しています。パスワードを忘れがちな人やセキュリティに不安がある人には強くおすすめします。

「1Password – Password Manager」をインストール


なお、「1Blocker」などのコンテンツブロッカーも試しましたが、今までのただのアプリだった頃との違いがよくわからなかったので割愛しました。ほかにもいい機能拡張が見つかったらTwitterで教えてください。

JIS配列派もUS配列に移行できちゃうMacアプリ「⌘英かな」

MacのUS配列でも「英数」「かな」キーを使えるようにするアプリ「⌘英かな」を紹介します。
menbou
7 sec read

俺のeSIM 4GB、実質タダじゃね?

IIJの光回線インターネットサービス「IIJmioひかり」とIIJのモバイルSIMサービスを同じアカウントで契約すると、税込660円の割引があります。eSIMの4GBがちょうど660円なので、実質タダなのです。
menbou
8 sec read

iOS14でYouTubeのピクチャインピクチャをアプリから起動するには(プレミアム不要)

ブラウザではなくYouTubeアプリからピクチャインピクチャを起動する方法を紹介します。プレミアム会員である必要はありません。ショートカットとScriptableというアプリを使用します。
menbou
3 sec read