AirTagにうってつけのポケットを持つbagjackの財布

3 sec read

bagjack 財布

キャッシュレス向けの財布「SECRID」を長く愛用しましたが、普通の財布を使うことにしました。

いちばん大きな理由は、持ち物から現金を排除しきれなかったから。いまだにラーメン屋や八百屋さんは現金払いにしか対応していないことが多いです。あと自転車に乗るようになって駐輪場の利用も増えました。お得な駐輪場ってやっぱり現金なんですよね。

created by Rinker
Secrid

いままで使っていたSECRIDは、カードと少ない紙幣なら入るのですが、小銭は入れられません。ミニマムな財布を使っているのに、小銭入れが別に必要という本末転倒な状態になってしまいました。

外はレザー、中はナイロンな財布

というわけで現金もカードも入るふつうの財布の中でも、大きすぎず使いやすさも兼ねている財布をずーっと探していたんです。やっと見つけたのがbackjackの「bagjack Lieu minimal wallat」という財布。

外側が牛革、内側は耐水性のあるナイロンです。革オンリーの財布よりも軽くて、ナイロンオンリーの財布よりも高級感があります。革の大人っぽさとナイロンのミリタリー感やガジェットっぽさの中間を行く見た目がちょうど良くて。店頭で見たときに一目惚れしちゃいました。

店頭でスタッフの人に「外側も防水の革ですよー」と聞いたのが決め手になったのですが、あとあと調べたらどうやら耐水性があるわけではない模様。ズボンのポケットに入れると汗かくから、耐水レザーがよかったなぁ…まぁいっか。

カード、紙幣、コインすべて持ち歩きます

カード入れは表に2箇所と札入れにも2箇所あります。2枚ずつ入れるとして8枚くらい入ります。

小銭入れが使いやすいのも選んだ理由。大きな縦に長いポケットになっていて、小銭の量が多くても中で広がって厚さが抑えられます。口にファスナーがなくて一見不安ですが、普通に使ってれば口が下を向かないようなデザインではあります。こぼれ落ちることはないでしょう。

AirTagの居場所がちゃんとある

おもしろいのが、一面にベルクロが縫いつけられたポケット(?)。

店員さんに聞いたところ「大事な何かを入れる場所です」と言ってました。切符とか映画のチケットとか?

僕はAirTagを入れたんですけど、めっちゃいいです。厚みもそこまで増えないし、バリバリも強力。全方位塞ぐことができるので落とす心配がないのも良い。鍵とか挟むのもアリですね。

「bagjack Lieu minimal wallat」を購入