AirPodsを買う理由と買わない理由

15 sec read

AirPodsを数日使ってみて、想定してなかったいい点悪い点が見えてきました。総合的には「買い」なのは間違いないのですが、まだ迷っている人の参考になれば幸いです。

買う理由

Appleデバイスとの親和性

iPhone, iPad, Mac, Apple Watch間の切り替えが超スムーズ。一度iPhoneでペアリングしてしまえば、他のiOSデバイスでもAirPlayメニューのなかにAirPodsが表示されるようになりますし、MacであればBluetoothデバイス一覧からAirPodsを選択すれば接続できます。これは他のBluetoothヘッドホンとは一線を画す優位性です。僕がAirPodsと並行して使っているBose SoundSport Wirelessは専用アプリで接続を切り替えるのですが、登録できる端末数が2台までなのでヘビーユーザーには少し物足りない。iPhoneで音楽を聴きながらMacでブラウジングしていて、Macのほうで動画見たくなったりするんですよね。かといってiPadとのペアリングを解除するのも後で困るし…. AirPodsであればこういうストレスは皆無です。

Apple TVでも使える

これは買ってから気づいた盲点なのですが、Apple TVはBluetooth対応なので当然AirPodsが使えます。夜中に大画面で映画を観たい時や同居人に迷惑がかからないようにApple TVが使えるのはすごくいいですね。他のBluetoothヘッドホンも接続できますが、数少ない同時接続数を消費してわざわざApple TVに繋ぐ人は少ないのではないでしょうか。

マイクの通話品質

今時のヘッドホンは大体マイクがついていますが、実際使ってみると音が悪い・ノイズが酷い・音量小さい など、間に合わせでマイクつけてんだろ!っていう製品がとても多いです。これは接続する端末との相性などもあるのでしょうがないのですが、ヘッドホンのマイクまで丁寧にレビューすることが今の時代求められるってことですね。。Bose SoundSport WirelessはMacと接続してSkypeなどに使った時のマイク音質が悪いようで、使い物になりませんでした。

その点AirPodsはApple純正ということもあり、どの端末に接続しても快適に通話できます。マイクそのものの品質も非常にいいと感じます。新幹線のデッキでも問題なく通話できました。

片耳だけで使える

完全ワイヤレスの圧倒的優位性はここにあります。有線ヘッドホンは片耳を外していると重さでもう片方も脱落することが多いのですが、AirPodsはそのストレスがありません。Podcastを聴く時にはすごく便利で、周りの音もよく聞こえるため人と会話しながら聴くことができます。電池がなくなってきたらもう片方のAirPodsに切り替えることもできます。

買わない理由

ケースをどこに入れるか

AirPodsはケーブルがない代わりにケースがあります。これの扱いに困ります。カバンにしまっておくと、聴かないときにいちいち取り出さないといけない。ズボンのポケットに入れるのもいいのですが、すでにiPhone・財布・鍵を入れてるのでパンパンになってしまいます。もう少し平べったいデザインだと取り回しやすいのですが…

ケースにイヤホンをしまうのが意外とダルい

Bose SoundSport Wirelessの場合、聴き終わったら雑にケーブルを首から引き剥がしてクシャッとまとめてしまうことができました。対してAirPodsの場合、軽くてツルツルした小さな本体を丁寧にケースにしまわないといけません。これが想像以上に面倒くさい。これを怠って本体をそのまま胸のポケットに放り込むこともできますが、100%失くすと思います。これはなかなか使うまで想像できませんでした。

音質

これはBose SoundSport Wirelessとの比較ですが、やはりAirPodsの音質は劣ります。すこし曇って聴こえるのと低音高音の解像感がイマイチです。ただ中音域重視で鳴るので聴き疲れしにくく、あるていど広いジャンルの音楽をバランスよく聴くことができます。じっくり聴きたいときはBoseを使うと思いますね。

選曲・音量操作

iOS11で左右のタップ操作に別々のアクションを割り当てられるようになりました。僕は左にSiri, 右に再生/一時停止を割り当てています。Apple Watchがあるのでそこまで不便ではないのですが、曲送りや音量調整もできるに越したことはないので是非対応して欲しいです。ちなみにWatch OS4では、腕をあげた時に空気を読んで「再生中」アプリを起動してくれるようになりました。よくできてるなー。