初代AirPods ProをMagSafe化するケース

7 sec read

AirPods Pro MagSafe ケース ESR

AirPods Proには磁石で位置合わせして充電ができるMagSafe版と、そうでないものがあります。

僕のAirPods Proは2019年に登場した初代モデルで、MagSafeではありません。MagSafeの方が便利だけどわざわざ買い替えるほどではない、そんな初代AirPods ProユーザーのためのケースがESRの「Halo Lockソフトケース」です。

こんな感じで裏側にマグネットがついています。MagSafe充電器と位置合わせができるので、ズレて充電できてなかった!なんてことが防げます。冷蔵庫とか金属製の棚とかにくっつけておくとケースの紛失防止になるかも。

先日紹介した、同じESRの充電スタンドにももちろん対応。冷却機能「Cryo Boost」もちゃんと作動します。

充電スタンド側のAirPods Proの定位置もHalo Lockに対応していて、このケースをつけた状態で置くと磁石で位置合わせが効きます。

充電スタンドを使い始めてから、iPhoneとAirPods Proワイヤレスでしか充電しなくなりました。Lightningケーブルを見なくて済むので心地いい反面、今度はAndroidスマホとか他メーカーのイヤホンがMagSafeに位置合わせできないのがストレスになってきた。全ガジェットをMagSafe化するまで頑張ってください、ESRさん。