Google Home mini開封!IRKitとIFTTTで家電の操作が超簡単だった!

18 sec read

Google Home miniを買ってみました。近くのコジマで売っていたのですが、店頭ディスプレイも無く、店員さんに言わないと出てこないというやる気のなさ!多分この田舎町で買った人、僕だけなんでしょうね。IRKitを使った家電操作までが、Siri + Homebridgeよりも簡単にできたので一気にセットアップしちゃいました。

IRKitとは赤外線学習リモコンでAPIでプログラムからも操作できる素敵ガジェットです。

(追記2018/02/17) IRKitは生産終了しており、後継のNature Remoが発売されています。

SiriやHomekitで操作するには過去のこの記事を読んでいただければ!

Homebridge + IRKitを使えばHey, Siriでテレビがつく(動画あり)

人生で初めての発売日に開封の儀

これやってみたかったんです。発売日レビュー。

イマドキの開けやすい開け口。色は「チョーク」をチョイスしました。

じゃんっ。鏡餅みたいです。お正月に神棚に飾る人続出です。

電源ケーブル。コンセントプラグtoマイクロUSBでした。一般のUSB ACアダプタでも動くようです。

ケーブルは結構長いのですが、プラスチックのケーブルクリップが付属してます。意外と使えます。

ファブリックな素材で親しみやすい質感。丸い。

裏は実はオレンジ色のラバー素材。USBポートの近くに丸い印がありますが、押すとボタンのような感触がありました。リセットボタンでしょうか。マニュアルにも何も書いてありません。

側面にはマイクオフスイッチとUSBポート。

電源ケーブルを接続すると自動的に起動します。まずはスマホにGoogle Homeアプリを入れてくれとのことです。

アプリをインストールして、WiFiの設定や自分の声を覚えさせる設定をします。画面の指示に従うだけでとても楽チン。

Google HomeでIRKitを操るには

IFTTTで簡単に実現できます。まずはIRKitの公式マニュアルを読み、

  • POST /keys
  • POST /1/keys

の部分を実行してdeviceidとclientkeyを取得しましょう。

次に、同じIRKitのマニュアルの

  • GET /messages

を使って、Google Homeから操作したい赤外線の信号を取得します。控えておきましょう。

次に、IFTTTでAppletを作成します。トリガーはGoogle Assistant (画像左)、アクションはWebhook (画像右)です。

アクションのWebhookの設定値は以下の通り。

これで、準備は完了。コマンドフレーズも応答フレーズも簡単に設定できて楽しい!こんな感じで動きます。

Google Home、まだまだいろんなことできそう

Google Assistantと他のAPIやプログラムを組み合わせていろんなことができるみたいです。自由度が高いのでこれからもっと遊んでみたいですね。

Google Home mini