iPhone 12用ガラスフィルムは「NIMASO」でOK。思考停止してしまうこの信頼感はどこから来るのか

6 sec read

iPhone 12用ガラスフィルムは「NIMASO」でOK。思考停止してしまうこの信頼感はどこから来るのか

iPhone 12 Proを買った。じゃあ次はガラスフィルムを買わないと。

ガラスフィルムなんて貼りたくないんですよ本当は。だってiPhone 7くらいまではフィルムを貼らなくてもディスプレイに傷なんてつかなかったんですよ、よっぽどのことがない限り。それがiPhone Xくらいから、やけにスクラッチ傷が多くなったと思うんです。iPhone X以降のフロントカメラの部分だけ欠けたような「ノッチデザイン」が気に食わない人は多いですが、僕からしたらディスプレイに傷がつきやすくなったことの方が問題です。

で、最近買ったiPhoneにはガラスフィルムを必ずつけているのですが、毎回使っているのが今回紹介する「NIMASO(ニマソ)」というメーカーの商品。正直に言うと他のメーカーのガラスフィルムを一切試したことがありません。だから競合商品と比較するとどうだとか、そういうことは言えないんです。逆に言えば、他の商品を試す気がなくなるほどクオリティが高く感じるし、不満がないんです。だからiPhoneを買うごとに思考停止でリピート買いしてるんですよね。

調べると、NIMASOは日本の企業のブランドみたいです。公式ページはこちら

貼るのに失敗したことがない

この信頼感はどこから来るのか。一番の理由はめちゃくちゃ貼りやすいこと。

ホコリ除去のためのクロスやシールが付属しているのはもちろんのこと、かなりしっかりした「ガイド」が同梱されています。ガラスフィルムを貼り付ける前にこのガイドを取り付けておけば、位置がずれることなく余白も均一に貼ることができます。

このガイド、そのままバンパーケースとして使えるんじゃないかと思うくらいしっかりしていて、成形の精度も高いです。表側と裏側のパーツがパチっとはまってガイド自体がずれることは絶対にありません。表側のガイドしか付属しないガラスフィルムは多いようなので、ここは他と違うところかも。

あとは上からガラスをのせるだけ。ホコリを取りながら、気泡が入らないように。気泡ができても次の日には消えちゃうんですけどね。

毎度のことなのですが、とっても綺麗に貼れます。ガラスフィルムは3枚入りなのですが、2枚目以降を使ったことがありません。

劣化しにくく、指紋がつかない

ガラスそのものもクオリティが高いです。2年使ったiPhone XS Maxのガラスも買ったときのままの質感ですし、いまだに指紋が付きにくいままキープできています。

ガラスの角もまるっとしていて、指でなぞっても嫌な感じがしません。写真に撮るとフチのハイライトが綺麗に出ますね。ちなみにノッチ部分も隠すタイプのガラスフィルムとどっちにするか毎回迷うのですが、フロントカメラの上にガラスが追加されてしまうのは嫌なので、切り欠きのあるタイプを使っています。

落としたことがないので強度はわかりませんが、あと2枚スペアがあるので安心です。

3枚入りで1,300円。3枚もいらない。

Amazonを見るといろんなガラスフィルムがありますが、このNIMASOは3枚で1,300円くらい。同じ価格の競合製品だと、大体2枚入りなのでちょっとお得です。割らない限り1枚で充分なので、友達と割り勘して買うのがいいかもしれないです。

ほかのも試したいけど、いったんこれ買っとこ。ってなるNIMASOのガラスフィルム。おすすめです。

その他のおすすめiPhone記事↓

Macで使う「Drevo Seer Pro」をレビュー。ハイコスパおばけだ!

Mac用のBluetooth接続できるメカニカルキーボードが欲しくて、Dreve Seer Proを購入。安かったので試しに...と思いきや、とてもハイクオリティでコスパが高かった。レビューしていきます。
menbou
17 sec read

安くてキレイな配線にはパーマセルテープが最適だった

有線LANや充電ケーブルを安く簡単にキレイに配線したいなら、パーマセルテープがおすすめです。
menbou
3 sec read

6グラムのiPhone 12 ケース「CASEFINITE Frost Air」は空気すぎて脳がバグる

iPhone 12 Proを買ったばかり。新しくなったデザインにまだ浸っていたい。でも傷つくのは嫌。つけてるかどうかわからないくらいのケース、ないですかね? とGoogle先生に聞いたところ、CASE
menbou
6 sec read