トラベル三脚MeFOTO A1340 Q1がいい感じ

4 sec read

MeFOTO A1340 Q1 / X-T10 XF18mmF2 R

自由雲台だけどパンの調整が独立してる

最初はマンフロットのBeeFreeを狙っていたのですが、どうも自由雲台が苦手で躊躇していました。でも脚が反対側に折れるタイプのコンパクト三脚の場合、自由雲台にすることで小ささを追い込んでいるので、3wayなものはほぼ無いです。そんな中、A1340はパンが独立して調整できるので使いやすい!

ボールの調整は2つのダイヤルで実施、パンは専用のダイヤルがある

脚のロックも使いやすい

パチっというクリップ式ではなく、ネジを回してロックするタイプです。3ついっぺんに握って回せば一気に脚を伸ばせます。

4段なのです

自重で足が伸びる

ロックを緩めて重力に任せれば、ストンストンと脚が伸びきります。気持よく使い始められますね。

緑かっこいい

個人の見解です。

脚の角度は二段階

アルカスイス互換

クイックリリースプレートがコインがないと回せないタイプでウザイのですが、そのかわり雲台はアルカスイス互換となっています。また今度ご紹介するX-T10のグリップと相性が良くて最高です!

アルカスイス対応。JJCのX-Pro3用メタルグリップを買いました

最近、動画を撮るようになりました。使っているカメラはX-Pro3。動画用カメラじゃないのでいろいろ工夫しないといけません。モニターを被写体に向けられるバリアングルモニターが搭載されていないので、自撮り
アバター menbou
4 sec read

X-Pro3買いました。カラバリに死ぬほど悩んだ話【動画】

X-Pro3を買いました。 今思えばこんなに買いやすいカメラはありません。噂されているX100VやX-T4が出てもちっとも悔しくありませんから。 OVFとEVFがどっちも使えるハイブリッドビューファイ
アバター menbou
1 sec read

「小ささ」のフラッグシップ。富士フイルムX-E3がめっちゃ好き

Xシリーズのなかでいちばん小さいのはX-E3なんですよ。 富士フイルムにはX-T3やX-H1など、魅力的なフラッグシップ機がありますが、「小ささ」だけでいうとX-E3にはかないません。 趣味でカメラを
アバター menbou
12 sec read

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です