Apple WatchのあたらしいSiriの使いかた

Apple WatchのあたらしいSiriの使いかた

Apple Watch Series 4

もうこれは、Apple Watch=Siriといってもいいくらい。

watchOS 5がリリースされ、9月21日には5世代目のモデルとなるSeries 4が発売されたApple Watch。僕もSeries 4を購入し、watchOS 5で使いはじめていますが、一言でいうと「Siriが最高」です。

Hey Siri,が不要になった

新しいwatchOS 5では、腕を口元に持ってきて話しかけるだけで、Siriが反応します。「Hey Siri,」はもう言わなくていいのです。今まで呼ばないと来なかったのに、これからは手首にずっといてくれる感じ。

腕が口元まで上がりきったらすぐ、要件を伝えましょう。話しかけるのが遅いとうまく起動しません。

これ、最高じゃない?Hey Siriって言わないだけで、こんなに自然だなんて思いませんでした。3日ほど使って慣れた僕ですが、Siriに「あした雨降る?」って聞くときのトーンが、友達に話しかけるときとまったく同じなんですよね。

連続した会話も可能になりました。いちいちボタンを押したり、Hey Siriを言わなくても会話のキャッチボールができます。

watchOS 5のSiriは、もう腕の中に住んでる感じ。Apple Watchの耳元でささやけば、すぐに答えてくれるんですよ。

「ショートカット」でSiriに仕事を覚えてもらう

さらにiOS12から、「Siriショートカット」という機能が使えるようになりました。定型文を作ったり、誰かにメッセージしたり、頻繁にやる操作をプログラムしていつでも実行できるんです。そしてそれをSiriからも実行できるんです。

Siriショートカットで現在地を相手に送る

たとえば、「自分の現在地を特定の人に送る」というショートカットを作っておきます。Siriから実行するときのコマンドを設定しておきましょう

ショートカットを作成後、設定でSiri用のコマンドを録音する

Apple Watchがあれば、ボタンも押さずに腕をあげて「現在ち送って」でOK。この調子で仕事を教えこめば、最高のパートナーになる可能性もあります。

Series 4のSiriはめっちゃ速い

Series 4のSiriは、Series 3とくらべてすっごく仕事が速いです。すべてのレスポンスが速いのでノーストレス。君に頼んでよかったよ、Siri。ってなる。

Series 4で一新されたプロセッサのおかげなのでしょうが、Apple WawtchをSeries 1から知っている身からすると、すごい進化を遂げたなぁと思います。こんなにサクサクSiriが動くなんて、あのときは想像もできなかった。それくらい遅かった。Apple Watch、Series 4にしてやっとはじまったな!という印象です。

今から注文してもすでに10月後半の配送になるというApple Watch。幸福にも手にいれたかたはぜひ、Siriに話しかけてみてください。