飽きてきたらコレ。着せ替えできるApple Watchケース

4 sec read

Apple Watchって見た目が飽きちゃいませんか? 僕はSeries 1とSeries3でアルミブラックを選んだのですが、さすがに飽きたので3台目のSeries 4はアルミシルバーを買ったんですよ。最初は新鮮で楽しかったんですけど、Series 5をスキップしたのもあって最近飽きてきてたんですよね。

そんな時にインスタグラムの広告に出てきたのがRhinoShield(ライノシールド)の「CrashGuard NX」なるApple Watchケース。なんだかポップでカラフルで、投稿されている写真もかっこよくて、ついついその場で買ってしまいました。インスタの広告からそのまま買える機能、ユーザー体験よすぎでは。

ベースの本体の7色と、交換可能なリムパーツ11色から選択できます。楽しい。

ブラックのケースとブラックのリム、黄色いリムを買いました。これで1,860円。都内への配送料は550円だったので、2,410円です。リム単体だと250円なのでいっぱい買って着せ替えすると楽しそう。

ケースを装着します。左から滑り込ませる感じ。素材は思ったよりも柔らかめのプラスチックだったので、楽につけられました。

次にリム。左側からツメをはめていきます。

かんたんでした。シルバーだったボディが黒になって気分転換。黄色いアクセントはちょっと僕にはポップすぎたかも…。

黒に変えたわ。真っ黒、いい。

ケースをつけてひとまわり大きくなったんですけど、このSeries 4は40mm版(小さいほう)なのでさほどゴツくはありません。むしろ男性にはちょうどいいサイズになったかも。

Apple Watchのケースってあんまりカッコいいのないイメージだったんですけど、これなら着けていたい、と感じる質感です。純正のブラックのベルトと光沢感が似てるからかな?

普通の時計は服に合わせて何種類か持ったりしますけど、Apple Watchでそれはなかなかできません。色に飽きたら、40mm小せえなと思ったら、RhinoShieldアリですよ。iPhoneケースもあったので買いました。届くの楽しみー。

RhinoShield

Macで使う「Drevo Seer Pro」をレビュー。ハイコスパおばけだ!

Mac用のBluetooth接続できるメカニカルキーボードが欲しくて、Dreve Seer Proを購入。安かったので試しに...と思いきや、とてもハイクオリティでコスパが高かった。レビューしていきます。
menbou
17 sec read

安くてキレイな配線にはパーマセルテープが最適だった

有線LANや充電ケーブルを安く簡単にキレイに配線したいなら、パーマセルテープがおすすめです。
menbou
3 sec read

6グラムのiPhone 12 ケース「CASEFINITE Frost Air」は空気すぎて脳がバグる

iPhone 12 Proを買ったばかり。新しくなったデザインにまだ浸っていたい。でも傷つくのは嫌。つけてるかどうかわからないくらいのケース、ないですかね? とGoogle先生に聞いたところ、CASE
menbou
6 sec read