【Mac】Spotlightが良くなってもまだAlfredを切れない理由

10 sec read

最近のSpotlightはランチャーとしてとても優秀で使いやすいですが、僕はまだ定番ランチャーのAlfredを愛用しています。僕なんてまだまだ使いこなせていない方だと思いますが、僕なりのやめられない使い勝手をまとめてみました。


まず、Alfredってなんだ

Alfredはランチャーというジャンルのアプリです。キーボードショートカットで検索窓が現れ、アプリやファイルを呼び出したりWeb検索や特定のサイト内の検索がスムーズにできます。

カスタム検索はやっぱり便利

カスタム検索は、Alfredの検索窓を色々なWebサービスの検索窓口にすることができる機能です。僕がよく使っているのは下記のカスタム検索。

  • Amazon
  • スペースアルクの辞書
  • YouTube
  • Google画像検索
  • Bitbucket
  • Confluence
  • JIRA

特に、スペースアルクはとっさに和英・英和辞書が開けるのと、文例がたくさん出てくるので多用しています。

カスタム検索の設定は 環境設定 > Features > Web Search から追加できます。各Webサービスで検索した結果のURLには検索文字列が含まれているので、その部分を{query} に置き換えます。

クリップボードマネージャとして

Cmd + Opt + Cでクリップボードの履歴を辿れるのも便利です。1Passwordで自動入力できないアプリなどのユーザ名とパスワードをコピーしておいて、後でまとめて入力できます。

検索履歴をたどる

意外とSpotlightでできそうでできないのがこれ。Alfredで検索した履歴をCtrl + Pで辿ることができます。シェルに似たキーバインドがいいですよね。

Webで検索したいのか、Finderで検索したいのか

これもSpotlightでは意外とできない。

検索文字列を入力して、Ctrl + Enterで強制的にWeb検索してくれます。例えば「Evernote」と入力するとローカルのEvernoteがヒットしてしまいますが、Ctrl + Enterで強制的にWeb検索することができるのです。

ファイルを開きたいのか、ファイルのディレクトリを開きたいのか

find ファイル名 でそのファイルのディレクトリを開いてくれます。僕はよくドラッグアンドドロップでファイルを扱うので、よく使います。

Workflows楽しい

まだ使いこなせないですが、whoisなどのネットワーク系のコマンドを使ったりして遊んでいます。

Alfredはまだまだ切れない

Spotlightでは痒いところに手が届かないので、まだAlfredは使い続けます。High SierraのSpotlightにも注目しておきたいですね。

iOS14でYouTubeのピクチャインピクチャをアプリから起動するには(プレミアム不要)

ブラウザではなくYouTubeアプリからピクチャインピクチャを起動する方法を紹介します。プレミアム会員である必要はありません。ショートカットとScriptableというアプリを使用します。
アバター menbou
3 sec read

【11/22更新】iPhoneのおすすめウィジェットまとめ。ホーム画面カスタマイズの基本はここから!

ホーム画面を写真で飾りたい、時刻表を一目で見たい。iPhoneのホーム画面に欲しい情報を置けるのがiOS14の新しいウィジェット。対応アプリのオススメをまとめました。
アバター menbou
14 sec read

iOSやMacアプリのアイコン画像をダウンロードするショートカット

ブログやプレゼンに。 Apple関連のブログをやっていると、アプリを記事の中で紹介することが多くなります。そういう記事のアイキャッチ画像に使いたいのがアプリのアイコン画像。これ、そのアプリのオフィシャ
アバター menbou
2 sec read

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です