X-T10用の純正メタルハンドグリップは必須だ

3 sec read


X-T10って小さい

分かってて買ってるんですが、X-T10って小さすぎるんですよね。だからこそ持ち運ぶし、かばんにいれても邪魔にならない。でも写真撮ってる時のグリップ感はやっぱり物足りないです。カメラを持つことに気を取られてしまっているような感覚です。しっくりくるという意味では前に使っていたX-E1のほうが良かったかもしれません。

メタルハンドグリップをつけると別のカメラのよう

・グリップ力向上
・安定した重量に

グリップ感は当然良くなります。親指の腹でFnボタンを誤プッシュしてしまうことが多かったのですが、それがなくなりました。また、重さもちょうどいいずっしり感になり、手ブレが抑えられるような気がします。気がするだけですが、安心して撮影できるということです。

・光軸上に三脚穴が来る
・アルカスイス互換!

X-T10の三脚穴は光軸上にありません。グリップはその三脚穴を取り付けネジ用に使い、グリップ本体にはまた別の三脚穴が設けられています。これが光軸上に来るのです。じゃあもうグリップ必須じゃないか。

そしてそもそもグリップにはアルカスイス互換の溝が彫ってあります。MeFOTO A1340にもバッチリ装着できました。クイックシューをつけてると不格好ですが、これならいつも持ち運ぶスタイルのまま三脚を利用できますね。

アルカスイス対応。JJCのX-Pro3用メタルグリップを買いました

最近、動画を撮るようになりました。使っているカメラはX-Pro3。動画用カメラじゃないのでいろいろ工夫しないといけません。モニターを被写体に向けられるバリアングルモニターが搭載されていないので、自撮り
アバター menbou
4 sec read

X-Pro3買いました。カラバリに死ぬほど悩んだ話【動画】

X-Pro3を買いました。 今思えばこんなに買いやすいカメラはありません。噂されているX100VやX-T4が出てもちっとも悔しくありませんから。 OVFとEVFがどっちも使えるハイブリッドビューファイ
アバター menbou
1 sec read

「小ささ」のフラッグシップ。富士フイルムX-E3がめっちゃ好き

Xシリーズのなかでいちばん小さいのはX-E3なんですよ。 富士フイルムにはX-T3やX-H1など、魅力的なフラッグシップ機がありますが、「小ささ」だけでいうとX-E3にはかないません。 趣味でカメラを
アバター menbou
12 sec read

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です