Apple MusicからSpotifyへの乗り換えとApple Watch問題

14 sec read

Spotifyが使いたい!最近は自分の周りの人もどんどん音楽サブスクリプションを利用し始めていて、Apple MusicとSpotifyユーザに二分されている印象です。僕はリリース当初からApple Musicを使い続けていたのですが、Spotifyの方が魅力的に感じてきたので乗り換えることを決意。でもそれには大きな問題が…

音楽アプリに求めること

僕がApple MusicやSpotifyなどの定額音楽サービスに求めることは、この4つです。

  • 自分の好きなアーティストの曲が聴けること
  • 自分の好きなアーティストに似ているアーティストを簡単に探せること
  • 眠る用や作業用のプレイリストが充実していること
  • 自分が今聴きたい曲にすぐにアクセスできること
  • Apple Watchで操作できること

好きなアーティストに対応しているか

僕の好みのアーティストの範囲だけの話になりますが、これに関してはApple Musicのほうがカバー率が高い感じがしています。邦楽ロックを1番聴くのですが、Spotifyは聴きたいアーティストが無いことがあります。ZAZEN BOYSとか。

好きなアーティストに似ているアーティストを探せるか

これはSpotifyに軍配が上がります。Apple MusicのFor youにも今まで聴いたアーティストに似ている曲が並びますが、イマイチこれじゃない感がすごい。J-POPをすこしでも聴くと、曲数が多いためかものすごいJ-POP推しになります。

対してSpotifyは、「Radio」によるリコメンド機能がふつうに優秀なのに加えて、ユーザが作ったプレイリストがかなり強力です。統一された趣向でプレイリストが作られるので、自分が好きな曲で検索したプレイリストを聴けば、新しい良い曲がたくさん見つかるのです。

眠る用や作業用のプレイリストは充実しているか

Apple Musicのムードでカテゴリ分けされたプレイリスト、なんかリリース当初から更新されてなくないですか?

Spotifyはまだ使い始めたばかりなのでなんとも言えませんが、ピアノ曲などのプレイリストが充実していて眠るのが捗ります。

聴きたい曲にすぐにアクセス出来るか

Apple MusicのUIは使いにくいです。For Youに出てくる曲もずーっと一緒だし、「見つける」のページもどうやって曲を探したら良いかわからない。1曲流すまでの操作が無駄に多いんですよね。

Spotifyはホーム画面に最近再生した曲やムードのプレイリストがたくさん並んでいて、とりあえずどれか再生しようという気になります。

Apple Musicは「まだ知らない、好みの音楽」を探すのが苦手

Apple Musicはある程度聴く曲が決まっている人や、自分でプレイリストをゴリゴリ作って管理する人には向いていると思います。(でもそれってサブスクリプションな意味あるのか?) いっぽう、自分がまだ知らないアーティストや、そこから派生する未知の音楽を開拓するのには非常に使いにくい。むしろ、同じクラスタの中をぐるぐる泳いでいる感覚になります。

対してSpotifyは自分の好きな音楽から、別のジャンルへ趣向を導いてくれる可能性を感じます。

大問題。SpotifyはApple Watchに対応していない。

ただ、Spotifyの唯一の弱点はApple Watchの対応です。Watch Appが無いのです。「Now Playing」から曲送りや一時停止などの操作はできますが、コンプリケーションは使えません。純正ミュージックのコンプリケーションは今流れている曲名を歩きながら確認したり、タップして選曲するのに重宝していたのですが….残念。

また、Siriから特定の曲を流すこともできません。運転中にApple Watch + Siriで操作することが非常に多いので、かなり困っています。

Apple Musicメイン、Spotify Freeで開拓がベストか

結局、Spotifyへの完全乗り換えは断念しました。やはりAppleのエコシステムに乗れないのはストレスがすごい。Spotifyは新規音楽を開拓用に無料で使うことにしました。音質や再生時間の制限がありますが、時々流す程度にするので問題なさそう。

Siriも徐々にサードパーティに開放し始めているので、今後のSpotifyアップデートに期待です。

Apple Music
Spotify

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です