冷却ファン付き。ESRのiPhone・AirPods・Apple Watch充電スタンド

13 sec read

ESR 3-in-1 ワイヤレス充電器 Magsafe対応CryoBoost冷却ファン付き

iPhoneやApple Watch、AirPodsを同時に充電できる充電スタンドを買いました。3-in-1ってやつです。憧れだったんですよね。

ESRの「Cryo-Boost」というシリーズで、iPhoneの充電パッドのところに冷却ファンがついているのが特徴です。

MagSafeやQiなどのワイヤレス充電は、充電中の発熱が大敵。バッテリーの劣化や発火に繫がりますから、発熱に応じて出力をおさえる仕組みが働くんだそうです。出力をおさえたぶん、充電速度は遅くなります。

ESRの「Cryo-Boost」はファンで冷却することでワイヤレス充電の出力を維持するので、結果的に充電が早く終わる、というのがウリ。

個人的には発熱で充電が遅いことを気にしたことがないので、この機能自体はオマケ程度に思って買いました。それよりも7,000円弱の価格でそこそこかっこいいスタンドが買えるお得感に惹かれたんです。なんせBelkinの定番のスタンドは約15,000円もします。充電だけするにはちょっと大げさじゃありません?

結果的にESRのスタンドは大正解でした。

Apple Watchの充電器は付属なし、自前のを使います

Belkinのと違って、Apple Watchの充電には手持ちのケーブルを使う必要があります。配線がネックだなぁと思っていたんですが、杞憂でした。

というのも、Apple Watch用のケーブルはまるっとスタンド本体に隠すことができるのです。底面の蓋を開けると、ケーブルを這わせる溝があって、これがApple Watchについてきた純正の充電ケーブルの長さにほぼピッタリ。きもちいい。

その先には給電用のポートがあるのですが、USB-AだけでなくUSB-Cも完備。最新のApple Watch Series7についてくるケーブルはUSB-Cですからね。

スタンドから伸びるケーブルは専用の電源1本だけなのですっきりしています。

Cryo-Boost、ゲームにもいいじゃん

iPhoneをくっつけると、LEDが青く点灯し、ファンが回る音がします。Cryo-Boostが働いている証拠です。フィーンという音がしますが、タイピングとかしていれば気にならない程度の音量。

ベッドわきで睡眠中に充電するようなシーンではさすがにうるさいですが、本体のスイッチでCryo-Boostをオフにすることができます。気が利いてる。

iPhoneを外して触ってみると、そこそこ冷たいです。これはバッテリーにやさしそうだ。充電が早い、という実感はまだありませんが、とりあえずONにしとけば安心って感じの機能です。

ためしに、充電しながらApex Mobileをプレイしてみました。

発熱しにくいiPhoneとはいえ重たいゲームをするとじんわり温まるものですが、1試合終わっても涼しげな顔をしていました。

このiPhoneスタンド、地味に上下に角度も調節できるんです。ゲーム中もグリップしやすいし、ファンのおかげで手も涼しい。机で落ち着いてゲームしたいときに活躍するかもしれません。

AirPodsのケースもESRで揃えたくなってきた

MagSafeの表示は出ないので、MagSafe認証製品ではないみたい

AirPodsの定位置はくぼみがなく薄くガイドが描かれているだけ。別売りのHalo Lock ソフトケースを着けたAirPodsであれば、磁石で位置合わせができるようです。試しに買ってみよう。ちなみにAirPods以外のワイヤレス充電対応イヤホンも充電可能です。

Belkinは高すぎてちょっと…という人にはESR、アリですよ。