ForkLiftでMacのメニューバーからS3にファイルをアップロードするのが便利

6 sec read

ForkLiftというファイラーが高機能で便利だったので紹介します。


iCloud Driveユーザの悩み

誰かとファイルを共有したいとき、何を使いますか?DropboxやGoogle Driveを使っている人は、外部公開リンクを作成して相手に送れば共有できますよね。でもiCloud Driveにはそれにあたる機能がないんです。

こんだけかよ。。。

ForkLiftはMac用のファイラー

ForkLiftはファイラーです。Finderと比べると、クラウドやNASなどのネットワーク経由でアクセスするストレージのマウントがスムーズで快適なのが特徴です。

FinderでNASに接続するときに、毎回パスワードを聞かれてイライラした経験はないでしょうか?てかそもそもFinderとNASって相性によっては挙動が怪しかったりして気持ち悪いですよね。

ForkLiftは一度認証したNASやクラウドストレージを常にマウントしてくれるので急いでいるときでも安心して利用できます。

Droplet機能が超便利

Favaritesに登録すると、そのストレージにメニューバーからアクセスできます。Open As Dropletすると、ファイルを投げ込めるドロップレットが現れます。

ここにファイルをドラッグアンドドロップすれば、そのストレージに直接ファイルがアップロードされるのです。これは便利。

S3であれば大きなサイズのファイルでも共有できるし、都度削除すればあまり料金もかからない。

使い勝手としてはアノテーションツールのMonosnapと似ていますね。こちらも今度紹介したいと思います。

デフォルトのファイラーを変更できないのがつらい

ForkLift、ファイラーとして優秀なのですが、MacではデフォルトのファイラーをFinderから変更できないのであんまり意味がないのが現状です。ただ、メニューバーからのストレージへのアクセスは便利なので、そのためだけにインストールするのもアリですね。有料アプリですが、試用版のまま使い続けることもできます(何か制限があるようですが、今回紹介した機能は使えています)。ぜひお試しください。

Forklift3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です