iOS11純正メモ, Notability, GoodNotes iPad Pro手書きノートアプリ決定戦


iOS11がリリースされ、Apple純正の「メモ」アプリにもいくつか魅力的な機能が追加されました。僕は仕事でApple Pencilを使って手書きのメモを取ることが多いので、改めて他の手書きノートアプリと比較してどれを使うべきか考えました。

今回、Appleメモの他に「Notability」, 「GoodNotes」を検証しました。個人的な基準として、Macアプリが提供されていて、iCloudでノートを同期できることを条件としました。オフィスで使うマシンはMacなので、iPadでとったノートを参照する必要があるのです。

もう一つ有名な手書きアプリとして「Noteshelf」をお使いの方が多いと思いますが、Macアプリがないため割愛します。

iPad関連記事↓

僕がiPad Proでブログを書くためのマストアプリ5つ

Notabilityは飾らないシンプルさと録音機能が魅力

Notabilityはある程度使い込んでいた期間が長く、このブログでも度々紹介しています。

iOS11を目前にNotabilityと純正メモが悩ましい、iPad Proでの手書きメモ環境

強みとしては、

  • シンプルで気取らないUI
  • 録音機能

だと思います。手書きアプリにありがちなのが、ノートブックごとに表紙のデザインを決めたり、本棚のデザインをしたUIの中でノートを整理したりするリッチな演出。個人的にはどうでもいいし、嫌いです。この点、NotabilityはUIやノートに変な装飾がなく、メモを取ることに集中できるのが特徴。ノートアプリの本質はノートを書くこと。いかに迅速に起動してすぐ書き始められるかが重要です。細かいことにこだわっている場合ではありません。

録音機能は議事録などを作ることが多い人には嬉しい機能。再生時はその時に書いていた通りの手書き描画がアニメーション再生されます(すごい)。

AppStoreでNotabilityをインストール

GoodNote3は手書き文字の検索がすごすぎる

GoodNote4が人気の理由は何と言っても

手書きした文字の検索機能。

日本語でもかなりの精度で検索してくれます。仕事でメモを取っている場合はかなり嬉しい機能ですし、頻繁に検索したい人にとってはほぼ唯一の選択肢ではないでしょうか。

ただ、機能が盛り込まれすぎている印象があり、個人的には好きではありません。速記ノートというよりは、授業のノートを綺麗に仕上げたい人に向いているアプリだと思います。

AppStoreでGoodNotes 4をインストール

Appleメモは純正ならではの親和性とシンプルさが特徴

iOS11のメモは、今まで他のノートアプリから遅れをとっていた機能がいくつか盛り込まれました。

  • 書類のスキャン
  • 書類のマークアップ
  • 手書き文字の検索(英語のみ)

正直細かいところを見ると、機能面で他のアプリから劣る部分はいくらでもあります。書いている時にノートを拡大できないとか、ペンのバリエーションや色数が少ないとか。でも普通にメモを取る分には全く困らない程度にノートアプリとして進化した感じがします。

それに加え、iOS11の操作体系を盛り込むことで他のアプリとの親和性も向上しました。

  • アプリ内でのドラッグ&ドロップ
  • アプリ間のドラッグ&ドロップ
  • インスタントメモ (ロック画面からPencilで直接メモを起動)

このあたりの使い勝手を考えると、純正はやっぱり強いです。他アプリからのコンテンツの挿入は競合アプリよりも簡単ですし、Spotlightの検索結果に表示されるのも魅力的。英語のみですが、手書き文字を認識してちゃんとSpotlight検索できます。

純正メモはフォルダ分けこそできるようになっていますが、見た目は昔から変わらないですし、機能が最小限に抑えられています。フォルダを選ぶ→書く という2ステップだけ。ノートのタイトルすらつけられないようになっています。余計な意思決定を挟まないで書き始められるのが最大の特徴ではないでしょうか。

純正メモで良いんじゃない?

ここまで、3つのアプリの特徴を考えて来ましたが、「純正メモでよくね?」という感情しかありません。

そんなに凝ったノートを作る必要がない

中学生とか、板書を綺麗にノートにまとめるのが好きな人いましたよね。でも大人になった今、必要な情報がメモしてあれば、綺麗でカラフルなノートなんて必要ないです。黒い線が書ければそれで良い。GoodNotesみたいな豊富な機能はあっても使いきれないですね。

iOS, macOS, ハードウェアとの親和性はサードパーティでは追いつけない

これは純正に勝るものはないのは当然。いずれ追いついてくるでしょうが、その先の未来を知っているのはAppleだけですので、純正を使っておいた方が後々良さそうな気がしています。

手書き文字検索は英語だけでも結構使える

GoodNotesは日本語の手書き文字検索ができますが、英語のみ対応している純正メモでも結構使えます。というか今どきIT系の仕事のメモでアルファベットが入らない事なんてほとんどありません。例えば「API」とか「AWS」で検索することはできるのです。意図的にプロジェクト名や相手の社名をアルファベットで書いておいてタグ付けするのも良いですねそのうち日本語も対応するでしょう。

純正メモにこんなのあったら良い

MacではまだメモがSpotlightで検索できないようです。これができるようになれば、他のアプリの候補がぐんと減りますね。

また、Webクリップの機能をもう少し充実してもらえると良いと思います。今はリンクだけがノートに保存されますが、Evernoteのように記事内容をそのままペースとしたいです。Safari以外のブラウザからも簡単にクリップできると良いですね。

ということで、しばらくは純正メモを使います。他に良さそうなノートアプリがあったら教えてください!

iPad Pro関連記事まとめ↓

iPad Proで使えるマークダウンエディタを求めて。MWeb, Type, 1Writerを使ってみた。

iPad Pro 10.5インチのある生活ってこんな感じ

「片手キーボードPro」があればiPad Proでのフリック入力が快適になるし無限に文章書ける気がする

iPadもカメラも入れるならPeak Design Everyday Sling 10L

スポンサーリンク