Macをちょっとだけ快適にするメニューバーアプリ3選

9 sec read

Macのメニューバーって、気づくと色んなものが常駐していてごちゃごちゃになりますよね。僕はできるだけ最小限にとどめるようにしていますが、その中でもスタメン入りしているアプリを3つご紹介したいと思います。

Day-O

image

小さなカレンダーを表示できるアプリです。結構この手のアプリはたくさんあるんですか、Appleのカレンダーアプリと連携できたり、Googleカレンダーをまるまる表示・編集できたりして結構リッチなものが多い印象です。しかしこのDayOはホントにカレンダーしか表示しません。使うタイミングとしては、「22日って何曜日だっけ?」「来月の第2月曜日って何日よ??」っていう本当に一瞬だけカレンダーを見る必要があるときです。余計な機能は一切ないので動作も軽快ですし、カレンダーを表示しないときはデフォルトの時計がわりになります。卓上カレンダーがわりにオススメですよ。

Moom

image

ウィンドウのサイズと位置をコントロールするアプリです。ショートカットキーやマウス操作でウィンドウの配置を一瞬でお気に入りのレイアウトに整理できます。私は以下のショートカットキーを割り当てています。

  • ウィンドウを左半分に配置 (Cmd + Shift + Opt + 左)
  • ウィンドウを右半分に配置 (Cmd + Shift + Opt + 右)
  • ウィンドウを上半分に配置 (Cmd + Shift + Opt + 上)
  • ウィンドウを下半分に配置 (Cmd + Shift + Opt + 下)
  • ウィンドウを左下に配置 (Cmd + Shift + Opt + Z)
  • ウィンドウを左上に配置 (Cmd + Shift + Opt + A)
  • ウィンドウを右上に配置 (Cmd + Shift + Opt + S)
  • ウィンドウを右下に配置 (Cmd + Shift + Opt + X)

などなど。

Better Touch Toolでも同じようなことができますが、僕はあまりBetter Touch Toolを使わないので、このためだけにインストールするのはもったいないかなと思いMoomを使っています。(つまりこのためだけに1000円払ったと….)

マウス操作は左上の緑のボタンにマウスフォーカスするとUIが表示されて、自由にウィンドウををリサイズできます。こっちのほうが売りみたいですね。

image

Pomodoro One

image

ポモドーロ法というタイムマネジメント手法があります。25分の作業を1単位として、間に5分だったり10分だったりの休憩を挟んで繰り返す手法です。集中力が高まる模様。このあぷりは作業中、メニューバーにポモドーロ向けのタイマーを表示してくれます。1サイクル終わると、ウィンドウが現れて5分のインターバルを自動的に通知してくれます。たしかに時間に追われている感じがして集中できます。私はやることがいっぱいあるけど全然やる気が出ないときに使っています。

image

この3つは結構長く使っていて、Moomはもう4年目でしょうか。
みなさんのよく使っているメニューバーアプリを教えて欲しいです。

iPhoneのSafariが劇的に進化する「機能拡張」をまとめました

iOS 15とiPadOS 15から使えるようになった「機能拡張」の使い方とおすすめアプリを紹介します。
menbou
6 sec read

JIS配列派もUS配列に移行できちゃうMacアプリ「⌘英かな」

MacのUS配列でも「英数」「かな」キーを使えるようにするアプリ「⌘英かな」を紹介します。
menbou
7 sec read

俺のeSIM 4GB、実質タダじゃね?

IIJの光回線インターネットサービス「IIJmioひかり」とIIJのモバイルSIMサービスを同じアカウントで契約すると、税込660円の割引があります。eSIMの4GBがちょうど660円なので、実質タダなのです。
menbou
8 sec read

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です