>

DIYデスクにぴったりなPhilonext木目調ケーブルキーパーで充電周りを整理

3 sec read

壁にケーブルキーパーでケーブルが固定されている

iPad・iPhone・Apple Watchと、充電するものが多い現代人。デスクの上のケーブルがごちゃごちゃになってしまいますね。僕は机の上で写真を撮ることが多いので、できる限り電源タップや充電器などは置かないようにしています。でもやはり充電ケーブルだけはいつでも手の届くところにないと不便ですね。

そんな悩みを解決するため、「ケーブルキーパー」というものを試してみました。

クルミの木でできたケーブルキーパー

開封前の箱

Philonextというメーカーのケーブルキーパー。木目調の部分の裏側がおそらく金属になっていて、ケーブルがここにくっつく仕組みです。裏は両面テープになっていて、壁や机の上などに固定します。

木目調の土台

ケーブルの先に取り付ける部品です。この部品に磁石がついています。

ケーブルの先の部品、裏側の磁石

ケーブルを溝に合わせて、挟み込むように取り付けます。

ケーブル側のパーツを開いたところ

ケーブルの太さに合わせて、図のように3種類の大きさの溝があります。

ケーブルにパーツを取り付けた様子

この状態で金属の部分にくっつくようになりました。

金属のフックにケーブルをくっつけた

純正プレートにつけるとこんな感じ。

付属のプレートに2本ケーブルをつけた様子

大きなプレートのほかに、小さくて丸い土台も付属してきました。これはApple Watch用に使うことにします。

小さい方の土台とApple Watchの充電器

机の右側に設置してみました。ケーブルの大部分は机の下に落としているのですが、先っぽはしっかり机上にキープ。かなりスッキリですね。

設置してみた様子

壁などにもこんな感じで取り付けられますよ。

壁にケーブルキーパーでケーブルが固定されている

木目調がグッド。しかもお手頃価格。

iPhoneとApple Watchを充電している

木目調なので、僕がDIYした机にぴったりでした。もっと明るい色のカラバリもあるので、チェックしてみてください。木の素材の製品て高いイメージがありますが、これは数百円で手に入るので、大量買いして部屋のいたるところに設置しまくるのもアリかと思います!

関連記事↓

ガジェットポーチに最適な無印良品ペンケース