Workflowを使ってWordPressの記事を自動で生成する

アイキャッチ

僕がパーソナリティを務めるPodcast番組「めんてつ広場」では、毎週月曜日に一週間のニュースについて話す「ニュース回」があります。

Podcastの説明欄 (Show Note) に取り上げたニュースリンクを貼っているのですが、WordPressでログインしてHTMLで記事編集するのが本当に面倒くさい

Podcastやブログは継続することが最初の壁と言われていますが、面倒なことはどうしても続かないもの。いかに楽に続けられる仕組みを作るかがポイントです。

今回はPodcastの記事作成を自動で行うWorkflowを作成したのでご紹介。

このWorkflowでできること

処理の流れ

めんてつ広場ニュース回のShow Noteは、毎週使い回す定型文毎週変わるニュース記事へのリンク集で構成されています。

これまではこのリンク集を、記事のタイトルとURLを一つ一つコピペしながらaタグを使って作成していました。手数が多いし、取り上げるニュースが増えるほど大変になるのです。

今回作成したWorkflowでは、複数のニュースURLをコピーして、Workflowを起動するだけで、WordPressに投稿すべきテキストがクリップボードにコピーされるというもの。

Workflowの使い方

レシピダウロード画面

Workflowをインストールしていない場合は下記からダウンロードしてください。

AppStoreでWorkflowをインストール

次に、今回作成したレシピをWorkflowにダウンロードします。下記のリンクからどうぞ。

ニュース回ジェネレータ

次に、ニュース記事のURLをコピーします。一行に一記事ずつ、改行された状態でコピーすると正常に動作する仕様。スプレッドシートの複数行をコピーすることを想定しています。

スプレッドシートからコピー

あとはWorkflowを起動するだけです。Todayウィジェットから起動できるので、アクセスも簡単ですね。

ウィジェットからタップ

処理が終わると、クリップボードに記事のHTMLがコピーされているので、WordPressにペーストすればOK

WordPressにペースト

自動化しているのはリンクを生成する部分です。定型文は下記画像部分を編集すれば変更できますよ!Combined Textのところに自動生成されたHTMLが挿入されるので、それ以外のテキスト部分を編集です。

ここを編集

記事作成が劇的に楽になった!

正直、すごく楽です。ここまで効率化されるとポッドキャスト運営のモチベーションも爆上がり。

ブログやYouTube運営、その他の作業にも活用できるWorkflowなので、是非試してみてください!

関連記事↓

iOSでブログ用に画像処理をするためのWorkflow


Also published on Medium.