2017年本当に買って良かったモノ5選

19 sec read

こういうの、やってみたかった。

2017年ももう終盤、今年も色んなものを買いました。ささやかではありますがこのブログにも色んなことを書きました。いらないと宣言した物を買ってしまいがちな自分だということも自覚できた年でした。でも「いらない」は「欲しい」の裏返し。それを買った時には「いらない」と言っていた自分はもういない。人は日々変わるのです。

そんな僕が2017年に購入し、ちゃんと毎日使っているモノを5個選びました。どれもお気に入りで今年のM-1くらい難しい審査でした。

iPad Pro 10.5インチ+Smart Keyboard

モバイルガジェット部門代表はやっぱりどう考えてもiPad Pro 10.5インチでした。これを購入して以降の記事はほとんどがiPadで書かれています。写真の編集に至っては100%iPadで作業。Podcastの収録もiPadだし、何話かは編集までiPadです。もはや僕にとってはモバイルPCであり、最高の友なのです。

iPad Pro 10.5インチのある生活ってこんな感じ

そして、Smart Keyboardは最高の友の体の一部と言っていいでしょう。個人的にはApple PencilよりもSmart Keyboardのほうが違う頻度が高いです。純正だからできる薄さ軽さとユーザビリティのバランスはお見事。黒レザーのSmart Coverも持っていて使いたいのですが、なかなか出番がなくなってしまいました。

Smart Keyboardを購入して良かったこと

iPhoneXはまだ買って日が浅いので、保留としました。iPadのほうが生活は変わったと思います。

MYSTERY RANCH URBUN ASSULT

ガジェット以外の買い物で一番満足度が高かったのがこちら。MUSTERY RANCH(ミステリーランチ)のバックパックです。ミリタリー寄りのブランドなので堅牢ですが、無骨さとスタイリッシュさを兼ね備えたデザインがたまらん。デザインだけじゃなかなか使い続けられないのがバックパックですが、背負い心地が最高で全く疲れない。クセの強い三つ股ファスナーが奥底のカメラへのアクセスも楽にしてくれます。

MYSTERY RANCHのURBAN ASSULTが大容量で1泊ガジェット旅に最適だった

Archiss Progres Touch RETRO TINY 赤軸

実はこれが今年一番長い時間触ったガジェット。メカニカルキーボードですが最近は値段が安く手に入り、下のレビューのあと実はもう一つ購入して会社でも使っています。自分には赤軸がバッチリハマって、最高に使いやすいです。打鍵感だけでなく、デザインも好き。JIS配列ですが刻印は英字だけでスッキリだし、最低限のキーに抑えつつも矢印キーはしっかりしたサイズを確保しているのが素晴らしい。

これに限らず、皆さんも一度自分に合ったキーボードを真剣に選ぶといいですよ。

メカニカルキーボードArchiss Progres Touch RETRO TINYが来たからMacで使う

Fujifilm XF23mm F2


これ、レビュー書くのを忘れていました。富士フイルムのレンズで、X-T10で使っています。2017年のブログの写真は65%くらいがこれで撮ってますね。(残りはもう一本所有しているXF35mmF1.4というレンズ。)換算35mmの画角でスナップ向きなのですが、結構寄れるレンズなのでブツ撮りにも良いです。先細りのスッキリコンパクトなデザインなので、カメラがコンパクトになるのも嬉しい。外出時はこのレンズだけってことが多いです。

bellroy Hide & Seek スリムレザーウォレット

今年始めたPodcast「めんてつ広場」の第1回はLINE Payについて取り上げました。電子決済のお陰でキャッシュレスな生活ができつつあり、最近ガチで財布に現金が一銭も入ってないことがザラにあります。

小銭を財布に入れるのをやめたので、前から気になっているいたbellroyのなかでも入門ミニマリスト向けなこの財布を買ったのでした。小銭入れはないのですが、お札入れが広い。bellroyの弱点は日本円のサイズへの対応が悪い点なのですが、Hide & Seekに関しては問題ないです。航空券や領収書を入れても薄く収まるので、出張が多い人にオススメできます。

薄い財布bellroy Hide and Seek Walletが最高にちょうどいい

さらに小さい財布も狙い始めています…

最後に

今年の買い物は結構成功が多かったと思います。来年はもう少し冒険して攻めた買い物にも挑戦したい。この年末はレビューしきれなかったモノについて出来るだけ書いて締めたいと思います。