Apple Watchのある生活ってこんな感じ

アイキャッチ

Apple Watchって買いなのでしょうか?もう買ってしまっている身としては毎日充電して使わざるを得ないのですが、「無いと死ぬの?」って言われると「うーん?」って感じです。普段の生活の中でApple Watchを活用している場面を整理してみました。

関連記事↓

Apple Watch歴2年弱の僕がSiriフェイスを使う理由

朝起きて「Auto Sleep」を確認

Auto Sleep

Apple Watchは常に身につけていられるのが最大の強み。心拍数を計測することで健康状態や運動量などのヘルスケア情報を知ることができるわけですが、その中で最も興味深いのが睡眠の測定。効率よく十分な睡眠をとることはもはや人類のテーマ。まずは自分の睡眠のクセを知るところから始めてはどうでしょう。

その手助けをしてくれるのが「Auto Sleep」。なんと、初期設定さえ済ませてしまえばあとは毎日Apple Watchを装着して寝るだけでいいんです。毎朝起床時に通知で昨夜の睡眠時間を教えてくれます。

iPhoneアプリのほうでは深い睡眠の割合など、詳細な情報を表示してくれます。

睡眠時に装着するとなると、バッテリーの持ちが気になりますよね。僕のApple Watch Series 3 (セルラーなし) の場合は、1日に1回、入浴時に30分だけ充電しています。1日の使用度合いによって、充電後の残量が80%だったり100%だったりしますが、いずれにせよ次の日の入浴時間までは普通に使えていますね。

AutoSleepをインストール

通勤の車内ではSiriが大活躍

僕は車での通勤なのですが、運転中はiPhoneを操作できないのでSiriが最高にいい仕事をしてくれます。例えば、

「Hey Siri, なんか俺の好きそうな曲流して」

こう言うと、Apple Musicから音楽を流してくれます。

HeySiriで音楽再生

「Hey Siri, 今日の予定は?」

HeySiriで予定を確認

会社で仕事

会社でのデスクワークのときはMacで作業していることもあり、Apple Watchをがっつり使うことは多くありません。

強いて言えば、時間を確認するときに、コンプリケーションに表示している次のミーティングの予定やリマインダーを見るくらいですね。

Siriフェイスで予定やリマインダーを確認

ただ、通知マシーンとしてはひたすら優秀で、Macよりも先に通知が来ます。Macにも通知がくるのですが、Apple Watchで通知を確認することがほとんどです。

iOS用のメールクライアントとしてOutlookを使っているのですが、Watchの中で本文が全文読めてしまうのと、既読・未読の操作ができるので大変重宝しています。重要度を判断して優先度が高そうなものだけを通知する設定ができるのも使い続けている理由です。

Outlook

Microsoft Outlookをインストール

帰宅のため車に乗る

今から帰るボタン

車に乗ったら、コンプリケーションにあるWorkflowを起動して「今から帰る」ワークフローを実行します。自分の現在地から自動で算出された、家に帰るまでの所要時間が奥さんにiMessageされます。詳しくは過去の記事をご覧ください。

AppleWatchで「これから帰る」を自動化した

Workflowをインストール

自宅にて

料理をしているときはタイマーを多用します。ノイズキャンセリングヘッドホンをしていることが多いので、タイマー終了が手首の振動でわかるのはとてもよいです。

Siriでタイマー

明日買わなきゃいけないものはHey Siriでリマインダーに追加します。「Hey Siri, 買い物リストにティッシュを追加して」で大抵のものは追加できます。時間指定のリマインダーも余裕です。

Siriでリマインダ

Apple TVでビデオを見るときのリモコンもWatchのRemoteアプリで操作します。リモコンを家の中で見失うことが多い人にはオススメ。

Apple WatchでRemote

Apple TV Remoteをインストール

ジムで運動するとき

純正のワークアウトアプリで記録しています。ランニングマシンで歩く→走る→自転車マシン、のような流れが多いのですが、純正アプリはApple Watch上でワークアウトを停止することなく、種目を切り替えられるのが最高に便利。より正確に測定ができます。

ワークアウト

入浴時

1日の中で、入浴時にのみ充電しています。

充電中のApple Watch

余談ですが「Apple Watchは毎日充電しなきゃいけないからダメ」みたいな意見がたまにありますよね?でも個人的には、3日に1回とか1週間に1回充電するほうが、忘れてしまいそうで怖いです。週一でしか使わない充電器を置いておくのも微妙ですしね。毎日習慣的に充電器に置くほうがわかりやすくて精神的にはいいと思います。

就寝前

眠りにつくための静かな音楽が入ったプレイリストを流します。Musicアプリで操作してもいいのですが、決まったプレイリストを流すなら「Workflow」を使うのがオススメ。2タップくらいで目的のプレイリストを流せます。

Workflowでプレイリストを再生

Workflowをインストール

その他使ってる機能・アプリ

Watchで電話にでる機能

手が汚れてたり塞がってるときに普通に使えます。音が悪いって言われたこともないですね。ただ、恥ずかしいです。

文字盤のスワイプ切り替え

Watch OS3から、左右端からのスワイプで文字盤を切り替えられるようになりました。いろんなコンプリケーション (文字盤に配置するボタンや通知欄) を設置して、シチュエーションごとに文字盤を切り替えることができます。まるで手首にアプリのランチャーがあるみたいでかっこいいですね。

Macのロック解除

以前は遅くて使えなかったのですが、アップデートの度に軽快に動作するように改善されています。パスワード入力はウンザリなのでかなり嬉しい機能。

Macのロック解除

タイマー・アラーム

時計ですからね。音だけでなく、バイブレーションで通知できるのが良い。

iPhone上のApple Musicの操作

Watch OS3で一度なくなり、Watch OS4で復活した機能。地味に使えます。僕のApple Watch Series3はセルラーモデルではないので、Apple Watch単体で音楽を聴くことはほとんどないのです。

iPhoneの音楽をコントロール

Overcast

Podcastアプリです。Apple純正PodcastにはWatchアプリがないので貴重。30秒送りなどの再生コントロールができるほか、エピソード・番組の切り替えもすごくサクサク操作できます。音量の操作は純正の「再生中」アプリに切り替えなくてはいけないのが惜しいところ。

Overcast

Overcastをインストール

LINE

初代Apple Watchのときは重すぎて使えなかったメッセージ系のアプリですが、Apple Watch Series3に乗り換えてからは、かなり快適に動作します。メッセージの閲覧はもちろん、定型文・音声入力による簡単な返信も可能。

LINE

カメリオ

コンプリケーション(文字盤に配置するボタンや通知欄)にニュースを表示できる数少ないアプリ。自分の興味があるキーワードを設定すると新しいニュースを配信・通知してくれます。Watchアプリではニュースタイトルと概要が読めますし、あとでiPhoneで読むために「クリップ」しておくことも可能です。

カメリオ

カメリオをインストール

カメラのリモートシャッター&ファインダー機能

ごくごく稀にブログ用の自撮りをする時があるのですが、便利です。Apple Watch上でカメラの映像がプレビューできるのですが、遅延も許容レベル。

リモートシャッター

結局一番使う機能はなに?

「iPhoneを探す」でしょう! このボタンを押すとiPhoneから音が鳴ります。家でiPhoneを何回も見失うので、鳴らしまくり。特に朝出かけるときは必ず鳴らします。しかもこれ、長押しするとフラッシュライトも点滅するんですよ。

iPhoneを探す

最後に全ての文字盤を公開!

文字盤は全部で4つ。基本はSiriフェイスを愛用しており、状況に応じてスワイプで切り替えています。

文字盤一覧

こうやって見ると結構使ってた

結構使い所はあります。Watch OS3からだいぶサクサク使えるようになりました。特にWorkflowのチート感はやばいです。無限大です。

ただ、全部iPhoneでもできるタスクなのも事実。ポケットからiPhoneを出さなくていい というメリットがどのくらい響くかが購入するかどうかの指標になるのではないでしょうか。

関連記事↓

iPad Pro 10.5インチのある生活ってこんな感じ

FullmosaのApple Watch革バンドが安くてハイクオリティ